naika_left.jpg naika_right.jpg

HOME > nsnc_naika > 高血圧

高血圧について

高血圧患者は推定で4,000万人以上と、まさに「国民病」。
日本人の死亡原因の1位はガン、2位が心臓病、そして3位は脳卒中です。
このうち心臓病と脳卒中は、いずれも血管に障害の起こる病気で、高血圧がもっとも重要な危険因子といわれています。
この2つを合わせた死亡者数は全体の1/3を占め、ガンを抜いて一位となります。
日本の高血圧患者は推定で 4,000万人以上と最も患者数が多い病気と言われ、まさに国民病と言えるでしょう。


原因や症状について
 円グラフ.jpg
心臓病と脳卒中は、いずれも血管に障害の起こる病気で、高血圧がもっとも重要な危険因子といわれています。 この2つを合わせた死亡者数(日本の高血圧患者)は推定で 4,000万人以上と最も患者数が多い病気と言われています。

高血圧とは

血圧とは、心臓が血液を全身に送り出す際の圧力のことです。塩分の摂りすぎや喫煙、肥満、大量飲酒、ストレスなどの生活習慣が深くかかわっています。ただし、高血圧の10人に1~2人は、ホルモンの異常などの原因が隠れていることもあるので、循環器専門医にご相談ください。

高血圧の症状について

自覚症状がないため、普段から検診などで血圧を測定することが大切です。サイレントキラーと呼ばれており、適切な治療を受けて頂かなければ、命にかかわる状態へ進行する恐れがあります。合併症の予防のために、定期的に心電図や心エコー、血管年齢(動脈硬化指数)などの検査が重要です。

高血圧の診断基準は?

家庭などで測った血圧が、135/85mmHg以上
病院などで測った血圧が、140/90mmHg以上
最近は、脳卒中や心筋梗塞予防を目指し、以前よりもコントロール目標や診断基準がより厳しくなってきています。

高血圧の治療は?

血圧を下げることだけではなく、動脈硬化が原因で起こる合併症(脳卒中、・心筋梗塞や狭心症・腎不全・大動脈瘤など)の予防が目的で、生活習慣の改善と内服薬による適切な血圧のコントロールが大切です。当院では、管理栄養士との個別の食事相談で、おいしく食事を楽しみながら、減塩できるようサポート致します。

blog.jpgblog.jpg

ビタミン.pngビタミン.png

ハッピークッキングボタン.jpgハッピークッキングボタン.jpg

kanban.jpgkanban.jpg

hifuka.jpghifuka.jpg

ambience_arrow01_GR.png内科・循環器内科の診療時間
内科カレンダー.jpg※水曜午後は徳島県立中央病院にて心臓カテーテル検査のためお休みをいただいています。