naika_left.jpg naika_right.jpg

HOME > nsnc_naika > yobouiryou

予防医療


当院では、各種ワクチンの予防接種、特定健診、一般健診、企業健診を行っています。
ご希望の方は、お電話にてご予約をお願いします。


予防接種

予防接種

子宮頸がんワクチン、インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチンの予防接種を行っております。
お電話頂ければ、比較的待ち時間の少ない時間をご案内致します。
子宮頸がんワクチンは、サーバリックス・ガーダシルの両方を取り扱っております。

ご希望に応じて接種いたします。お電話にて、ご予約の際にお気軽にお申し付け下さい。

特定健診

特定健診:(要予約)

「特定検診(特定健康診査)・特定保健指導」は、平成20(2008年)4月から40歳~74歳までの医療保険加入者(妊婦などを除く)を対象に、新しい制度としてスタートした健康診断・保健指導のことです。
一般的には、「メタボ健診」と通称されています。
日本人の生活習慣の変化や高齢者の増加等により、近年、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群が増加しており、生活習慣病を原因とする死亡は、全体の約3分の1にものぼると推計されています。
生活習慣病は、一人一人が、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を身に付けることにより予防可能です。
今や「メタボ」と言われ、すっかりおなじみの用語となったこのメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、国外では多少診断基準が異なるところがあるものの、日本では、内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖・高血圧・脂質異常のうち、いずれか2つ以上を併せ持った状態を指す、と定義されています。
メタボリックシンドロームは、予備軍まで含めるとおよそ5,400万人いるとされ、なかでも40歳から74歳までの年齢層においては1,900万人に達すると推計されています。
これは、同年齢層の男性の2人に1人、女性では5人に1人が、メタボ該当者および予備軍という計算になり、まさに全国民的な病状と言えるでしょう。

特定健診の検査項目について
1.
既往歴に関する問診
2.
自覚症状および他覚症状の検査
3.
身長体重および腹囲検査
4.
BMI検査
5.
血圧測定
6.
血液検査(GOT、GPT、γGTP、中性脂肪、HDLコレステロール、血糖値、HbA1c)
7.
尿中の糖および蛋白の有無

現在、生活習慣病関連の疾患は、国民医療費全体のおよそ3分の1を占めているそうです。
高血圧や高脂血症、糖尿病などに代表されるこれらの生活習慣病は、ほとんどが慢性の病気でもあり、また動脈硬化などさまざまな合併症も併発しやすいことから、発症すると多くの場合、病院に継続して通う必要が出てきます。

そうなると医療費のさらなる膨張が避けられないため、その早期発見・予防により、国全体としての医療費削減につなげていくことが目的です。
厚生労働省は目標として、2015年までに医療費を25%程度削減することを目指しているそうです。

一般健診

一般健診

一般健診・企業健診を行っております。
(検診項目)
血液検査、尿検査、心電図、レントゲン、聴力検査、視力検査、身長・体重測定、
血圧測定を行います。費用は9500円です。検査結果は郵送いたします。

tel.jpg

blog.jpgblog.jpg

ビタミン.pngビタミン.png

ハッピークッキングボタン.jpgハッピークッキングボタン.jpg

kanban.jpgkanban.jpg

hifuka.jpghifuka.jpg

ambience_arrow01_GR.png内科・循環器内科の診療時間
内科カレンダー.jpg※水曜午後は徳島県立中央病院にて心臓カテーテル検査のためお休みをいただいています。