ご予約・お問い合せ tel.088-625-2333

水曜午後・日・祝日休診徳島県徳島市西新町二丁目7-3

アクセス

MENU

内科

インフルエンザや胃腸炎、風邪など地域に根差した一般内科の診療を行っています。初診の方もお電話にて来院時間の目安の予約が可能です。ご予約優先ですので、待ち時間短縮にご予約をお勧めいたします。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に呼吸が止まってしまう病気です。具体的には、10秒以上呼吸が止まった状態を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。 睡眠中に呼吸が止まってしまうことで、寝ているにも関わらず身体の自律神経バランスが覚醒している時と同じようになってしまうことが問題です。 しかし睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に起こるため、ご本人にはほとんど自覚症状がありません。寝ている間のいびきや呼吸が止まっていたりすることをパートナーから指摘される方は睡眠時無呼吸症候群の可能性がありますが、本人は自覚することができないため検査を受けなかったり無治療の方が多く、潜在的な患者数は非常に多いとされています。

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群は眠っている間に起こるため自覚症状は少ないのですが、代表的な症状として以下のようなものがあります。

▼いびき
▼夜間、睡眠中に苦しくなって目が覚める
▼夜間にトイレが近くなる(夜間頻尿)
▼薬を飲んでもなかなか良くならない高血圧(薬物療法抵抗性高血圧)
▼朝起きた時の頭痛や倦怠感など、ぐっすり寝た気がしないような感じ
▼日中の眠気、特に食後や車の運転中の眠気


これらの症状があれば睡眠時無呼吸症候群の可能性がありますので、ぜひお早めに検査を受けていただくことをお勧めします。

睡眠時無呼吸症候群のリスク

睡眠時無呼吸症候群を放っておくと、様々な面で悪影響があります。 まず睡眠が十分に取れていない状態ということになりますので、日中起きている時間帯に影響を及ぼします。食後の耐えがたい眠気などにより、本来ご自身の持っているパフォーマンスを発揮しにくくなり集中力が低下し仕事の効率が悪くなったりということが考えられます。 またこうした眠気が車の運転中に突然訪れた場合、交通事故を起こしてしまうリスクもあります。実際に、睡眠時無呼吸症候群がある方は交通事故を起こしてしまうリスクが高まることが報告されています。 また寝ている時に何度も呼吸が止まるため、その度に心臓に大きな負担がかかってしまいます。心臓への負担が高まることによって高血圧を合併しやすくなり、その結果脳卒中や心筋梗塞、突然死の原因となりうる不整脈など、命にかかわる重篤な疾患の発症リスクが高まります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と生活習慣病の関係

実は、無呼吸症候群(SAS)と生活習慣病は関りが深い病気です。生活習慣病とは高脂血症・高血圧・糖尿病・心不全などを指します。このそれぞれが、睡眠時の無呼吸による身体にかかる負担の影響で促進されることが分かっています。

睡眠時無呼吸症候群の合併症

睡眠時無呼吸症候群(SAS)、特に閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)は高血圧、糖尿病といった生活習慣病や、心臓病、脳血管疾患などを合併します。睡眠時無呼吸を有する患者さんは、健康な方と比較して、高血圧が約2倍、虚血性心疾患が約3倍、脳血管疾患が3~5倍の頻度で合併すると報告されています。
睡眠時無呼吸症候群と心血管疾患が関連する理由は、寝ている間に繰り返している低酸素状態、交感神経が活性化することによる悪影響、血管へのダメージ、肥満に伴う動脈硬化を促進する危険因子(高血圧・高脂血症・糖尿病など)の増加などが挙げられています。

睡眠中に起こる無呼吸により、血液中の酸素濃度が下がります。こうなると心臓は体中に充分な酸素を供給しようとして、心拍数・血圧を上昇させます。言い換えれば、日中に運動をしている時と同じような負担が心臓にかかるのです。このような心臓への負担が本来休息を取るべき睡眠中に、毎晩、一時間に何回も、放っておくと何年間も繰り返されるということですので、心臓に蓄積する負担は非常に大きいことがお分かりいただけるかと思います。こうして蓄積した心臓への負担が、様々な生活習慣病や心臓病を引き起こしてしまうのです。

▼高血圧
睡眠時無呼吸症候群と高血圧との関係は確立されています。高血圧の発症率は、軽症の睡眠時無呼吸症候群で約2倍、中等症で約3倍になります。さらに、薬剤に対して抵抗性のある(降圧薬を使用しても調節不良な状態)高血圧症例の80%以上に睡眠時無呼吸症候群が合併していたとの報告もあります。睡眠時無呼吸症候群をきちんと治療すると血圧の調節が良好になる事例も多々あります。

▼心不全
睡眠時無呼吸症候群は心臓に負担をかけ、心機能を低下させる可能性があります。心不全患者の30~40%は睡眠時無呼吸症候群を合併しているといわれています。なかでも、気道閉塞によって起こる閉塞型睡眠時無呼吸(OSA)は、心不全の発症に強く関与しています。一方、呼吸中枢の障害で起こる中枢型睡眠時無呼吸(CSA)は、心不全の結果として起こる無呼吸であり、さらに心不全を進展・悪化させると考えられています。研究によれば、睡眠時無呼吸症候群を合併している心不全患者さんでは、睡眠時無呼吸症候群を治療しないと死亡率が2~3倍高くなることも分かっています。

▼不整脈
睡眠時無呼吸症候群の結果、心臓に「不整脈」が起きやすくなります。不整脈とは、心臓の拍動のリズムが乱れることで、脈が飛んでしまうことと、異常に速くなることや遅くなることを言います。睡眠時無呼吸症候群の患者さんを観察した結果、その約50%に何らかの不整脈が見られたという研究も報告されています。睡眠時無呼吸症候群による不整脈は、呼吸停止時と再開時の心臓の動きが関係するケースも見受けられますが、自律神経の乱れも大きな原因になっていると考えられています。睡眠時無呼吸症候群の人は、寝ている間に酸欠状態と呼吸の再開を繰り返すうちに、短期の脳の覚醒を起こしています。このような状態のときは、自律神経の中でも交感神経が刺激を受けます。交感神経は、人体の活動を活発化する働きがありますので、本来休むべき夜間に交感神経が刺激されることは体にとってはストレスになり、心臓に異常な動きを生じさせるのです。睡眠時無呼吸症候群の治療を行うことで、不整脈が改善される場合もあります。

▼虚血性疾患(狭心症・心筋梗塞)
冠動脈に疾患のある患者さんで睡眠時無呼吸症候群を合併する割合は、疾患がない場合の約2倍です。また健康な人と比較した場合、睡眠時無呼吸症候群患者様の虚血性心疾患の発症リスクは約2~3倍と報告されています。スペインでの研究によると、無治療の重症SAS患者群の心筋梗塞、もしくは脳卒中による死亡率は、健康な人と比べると約3倍に達することが分かっています。

この通り、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と生活習慣病には密接な関りがあることが分かっています。生活習慣病というと、慢性的で治りづらい印象をお持ちの方も多いかも知れません。今まで薬を飲んでいても効果がいまいちだった、などの経験がある方は、もしかすると、こうした二次的な要因があった可能性があります。睡眠時無呼吸症候群(SAS)との合併症を引き起こしている場合は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療を行うことで、生活習慣病も改善する場合があります。

少しでも気になった方は、ぜひ、一度当院で検査・治療を受けていただくことをお勧めいたします。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法

睡眠時無呼吸症候群の治療方法は、重症度により様々な方法が選択されます。また無呼吸が発生している原因によっても、治療方針が変わってきます。

軽症のものであれば歯科で専用のマウスピースを作成し、寝ている間に装着することにより改善することもあります。また扁桃肥大など、気道を閉塞させる原因を取り除く手術により改善する場合もありますが、多くの場合”CPAP療法”という治療が選択されます。 CPAP療法とは、寝ている間に無呼吸を感知すると自動的に空気を送り込む専用の機械につながったマスクを装着することで、無呼吸の状態を解除する治療です。物理的に呼吸を再開させますので、非常に治療効果が高いことが特徴です。

自宅で行われる簡易的な検査により、1時間あたりの無呼吸の回数が30回を超えるとCPAP療法が医療保険の適応になります。CPAP療法は以前は続けることが難しいという声もあったのですが、最近の機種は小型化され、また空気の送り込みも比較的マイルドになっている機種もありますので、以前と比べると継続をしやすくなってきています。
また、薬物療法を長年行っていてもコントロールが困難であった高血圧の患者さんの数値の改善も期待できますので、睡眠時無呼吸症候群をしっかり治療することには大きなメリットがあります。

睡眠時無呼吸症候群の検査と診断

睡眠時無呼吸症候群が疑われた場合、まずはご自宅で寝ている間にできる簡易検査を行います。眠る時に指先にパルスオキシメーターという体内の酸素量を測定する機械を取り付けることで、1時間あたりの無呼吸の回数が測定できます。簡易検査の結果、1時間あたり30回以上の無呼吸が確認されれば、前述のCPAPの治療の適応となります。
またこの検査では、寝ている時の体の向きを調べるセンサーも内蔵されているため、例えば横向きの時は無呼吸の回数が少ないけれども仰向きの時は無呼吸の回数が多い、などということも知ることができます。


なお1時間あたりに30回未満でもあったとしても、医師が必要と認めた場合は提携先の基幹病院に紹介し一泊二日の入院のもと、脳波を取りながら無呼吸の回数を調べる精密検査を行うこともあります。入院とは言っても、お仕事などへの支障が少ないように夜間に入院し翌朝早くに退院できるように配慮をしてくれたりもしますのでご安心ください。無呼吸の回数が30回未満の場合でも、精密検査の結果によってCPAP療法が医療保険の適応となることがあります。
検査費用ですが、3割負担の方の簡易検査で約2,700円、精密検査で入院代を除き、約1万円程度になります。
睡眠時無呼吸症候群で気になることがございましたら、お気軽に当院にご相談ください。 お電話にて受診の予約を承っています。

診療内容

内科・循環器内科の診療時間

9:00~13:30
15:00~18:30
(最終受付)
9:00~12:15
13:30~18:15
(最終受付)
9:00~12:30
(最終受付)
 
9:00~13:30
15:00~18:30
(最終受付)
9:00~13:30
15:00~18:30
(最終受付)
9:00~12:15
13:30~17:45
(最終受付)
   

休診/水曜午後・日・祝日

皮膚科・美容皮膚科の診療時間

9:00~13:30 15:00~18:30
9:00~12:30 13:30~18:30
9:00~12:30  
9:00~13:30 15:00~18:30
9:00~13:30 15:00~18:30
9:00~12:30 13:30~18:00
   

休診/水曜午後・日・祝日

場所のご案内

お車でご来院いただく場合

無料駐車場完備

クリニック前P1に4台、P2に8台、P4に5台、医院裏P3(コアラパーキング内)に8台
P4・コアラパーキング内駐車場位置
近隣に契約コインパーキング有り(無料)

バスでご来院いただく場合

新町バス停下車

西新町アーケードをくぐり直進。左手にあります。

西新町バス停下車

眉山に向かいはじめての角を左折し直進。
右手にあります。

PAGE TOP